ゼンマイの旬

ゼンマイは全国で採れるため、地方により時期に開きがありますが、九州の3月中旬頃に始まり、4月中旬から5月の連休辺りに本州で旬を迎え、更に6月初旬位になると東北など北の地方が旬を迎えます。

ゼンマイ科ゼンマイ属のシダ植物

ゼンマイは、若芽を食用とします。日本には北海道から沖縄に至るまで全国の野山に自生していて、ワラビと並び山菜として古くから親しまれてきた食材です。

幼葉がワタ状

ゼンマイは土から顔を出し、幼葉を渦巻状に巻いた状態で伸びてきます。この幼葉がワタ状の繊維で覆われているのが大きな特徴です。成長していくにつれ、この綿毛が落ち、青い葉が広がり始めます。食用とするのは、この綿毛が残っている若い芽です。

ゼンマイには雄雌がある

「男ゼンマイ」と「女ゼンマイ」と呼ばれています。「女ゼンマイ」は茎がやや太めで巻いている葉の表面がつるっとしていて少なめで、一方「男ゼンマイ」は巻いている葉の部分が膨らんでいて葉の表面がざらついています。これは胞子を飛ばすためだそうです。

食べて美味しいのは「女」の方

「男ゼンマイ」は食べられない訳ではありませんが、やや固く、「女ゼンマイ」に比べて味が落ちるため採らない方も多いようです。

綿毛は織物にも

ゼンマイの綿毛を集め茹でて乾燥させたのち、真綿などと混ぜて紡いで織物にしたものもあります。かつて山里ではこうした織物も生活の知恵としてされていたようです。現在ではほとんど作られる事は無くなり、極僅かに織物に拘りのある方が趣味で作られる程度となり、非常に高価な織物となっています。

ゼンマイの主な栄養成分

整腸作用でお腹がすっきり

ゼンマイには豊富な不溶性食物繊維が沢山含まれています。不溶性食物繊維は、胃や腸の中で水分を吸収して大きく膨らみ、腸の動きを活発にさせる働きがあるとともに、身体に有害な物質を吸着する性質があり、一緒に便として排出する働きもあります。